Jr.界隈うろうろヨタヨタ

そのへんのヲタの日記帖

ここに居て欲しかった人の名前を叫ぶことはできない

クリエの季節がやってくる。

まだだいぶ先みたいだけどそんなことないよ、もうあっという間にやってくる。

 

謎からダラダラ振り返ってぼんやりああだったなあ、

Part1&2はこうだったなあ、

Hクリエでこんなことがあったっけなあ、

ずいぶん昔のことみたいだけど、

でもやっぱりこの間のことみたいだなあって咀嚼して過ごしたい。

 

2016年クリエのリストを見て最初に思ったのは、

たった4人しかいないってこと。ようやく。ようやく。

 

いやもちろん蓋あけたらわからんよ、わからんけどでも

名前が出ているのは4人だけ。

 

それが思い描いていたメンバーかどうか、想像していたメンバーかどうか、

そういったあれこれはちょっと脇に置いといて。

無理やりにでも置いておいて。

 

やっぱり嬉しいよ、そりゃあ嬉しいに決まってる!!!!!!!

 

とある時間を、どう構成する、何をする、誰がどう使う、

そういったことを考えるときに、たった4人を「最優先」にできるんだ。

どうする、何をやる、妙なバランス配分考えなくていいんだ。

 

妙なバランス配分とは何か、なんて言うまでもないし

わざわざ言うのも相当に野暮だろうけれど、

昨年、(ガムシャラ EX vol.8と9を経ての)H公演のときに決定的に思ったことだ。

 

ただ自分たちのためだけに構成切って欲しいと思った。

そういう機会が欲しいと思ってた。

 

でも同時に思うのは、奴らは、ほんのわずかな時間に

ものすごい濃度のパフォーマンスをぶっこんでくるのが得意技で、

さらには(前述早速ひっくり返すようだけれど)

要するにバランス配分やバランス調整に本当に長けている。

 

自分ら数人のためだけに、とある時間、とある場所を全部使って

構成を切るのは、おそらくほぼ初めて、だと思っている。

(「ほぼ」と書くのは、謎クリエをどう判断するかによるから)

 

ちょっといまから嘘みたいに緊張している自分がいる。バカか。

 

奴らは大丈夫、なんだってできると思ってるけど。

 

そしてそのうえで、どうしてもここに居て欲しかった人が浮かぶ。

そりゃそうだよ。もう本当にそれだけが心にひっかかる。

でも奴らはやっと「わかりやすい特徴」(バンド)をつくったわけでさ。

(もちろん魅力はそこだけじゃない、それはひとつの特徴で、記号で、アイコンであって、奴らの全てではない) 

それは本当によかったと、そしてそのメンバーでステージにあがれることは、

単純に喜ぶべきことで、そこはきちんとはっきりと応援したい。

だから、大声で、ここに居て欲しかった人の名前を叫ぶことはできないんだよ。

 

5月はたぶんすぐそこだ。

心に引っかかった何かは、気になり続けるだろうけれど、それはそれ。

そうでなければ、Jr.界隈を歩き続けることは難しい。