読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jr.界隈うろうろヨタヨタ

そのへんのヲタの日記帖

『ガムシャラ! VS公演』2015/8/15「俺らが勝者!チーム者!」

青春はこんな形をしている。

ただそんなことを思いながら、目を腫らしてEXシアターを出て。

チーム者、ファンカッション、夏最高だったなあという気持ちになれたのは数時間後。

この夏はだいたいひとりで六本木をフラフラしてたけど、

乾杯して大笑いしてまたグスグスして大笑いして、

しまいには『青春』を歌いながら夜道歩いて。

 

いい日だったなあ。負けたけれど。

うっかり言ってしまうけど、者の負け方は振り返れば

嘘みたいに劇的で美しかったよ。

 

あのパフォーマンスで会場の湧き上がりで

それでも負けたのは何に(いや誰に)負けたのかって言ったらそりゃ決まってるんだけど

まさかあそこで投票ボールが途切れるとは思ってなかったのは彼らも者担も一緒だっただろうな。

 

あのとき萩が箱をもって、神宮寺が手を入れて、一瞬ふたりで顔見合わせて「え?」っていう表情をして。

なんだろうな、本当に意外なことが起きたとき人間の顔は少しだけ口元が歪む。

 

その直後の十数秒のことは思い出せないけれど、萩が確かボソっと

「こんなはずじゃなかった」って言ってた。すごくよく覚えてる。

「こんなはずじゃなかった」って実際に口に出す人、見たことないよ。

 

下手側のチーム覇に目をやると、オレンジ色の投票ボールが幾つも見えた。

 

そのあとの、とにかく全部がほんとに嘘みたいに劇的だった。

すごい光景を観ている、と思った。いま思い出しても。

 

負けが確定したとき、なんとか口を開いたのは萩で。

その時確か、MC真田のすぐ近く、ステージ中央側に立っていた。

「(覇に負けて)清々しい」って言い始めて。くぐもった声だった。

そう言った直後に、ちょっと後ろに下がり、少しのけぞってマイクを通さずに

うあーーーーーーー ってなんともいえない声をあげてて。

清々しいと言ったのは嘘じゃないだろうけれど。

 

   *  *  *

 

その後のチーム者のパフォーマンス、一番手は神宮寺のソロ『青春』で。

最初に一言あるのだけれど、「これがラストだと思う」と言っていた。

 

神宮寺の歌う『青春』は、ほんとうに毎回毎回よかったんだ。

酷いことを言うけれど、負けた日に歌う『青春』は本当に好きだった。

 

8/9の昼公演、者我戦のあとに萩も口ずさんでいたっけ。

負けた直後のMCのときにボソっと『おーおお それでも 十字路に突っ立ち』と、青春の一節を歌っていた。

と書いていて気がついたけれど、公演全体を通して本当によく喋るようになった彼は

こうやってMC中にボソっと勝手に何か挟むことも本当に増えたと思う。

 

8/15夜公演、決着がついたあと。

安井さんは対戦中はチーム覇の人で。

それはもう当然なんだけれど、彼は(彼も)本当にチームを大事にしていたよね。

一方で、意識的にか? と思うほど萩谷とは極端に近づかなかったように思う。

が、最後に勝負がついたら(良い意味で)手のひらを返すように

本当にあたたかい言葉をかけていた。と、記憶している。

 

安井さんがさ

はぎちゃん、、成長したよね

一皮むけたよね

なんて声かけて

 

萩は萩で

でも見守っててくれんだよね、そっちで

とか言い始めて

 

安井が

やめろよー

なんて言って

 

もうね、萩安を愛するヲタが震える音が聞こえそうな勢いでしたよ。

わたしはどちらかというと、こういうとこ!こういうところが!やっすーのやっすーたる所以!!

ってなんかもう震えるっていうか「安井さんの伝家の宝刀きた…!」みたいなテンションでした。

敗北にぼろっぼろ泣きながらな。ほんとバカだなヲタは。

 

(伝家の宝刀:これは安井さんがそういう芸風である、とかそういう意味ではけっしてないんだ。

 別チームで戦う以上は一線を引く、でも勝負がついたら即解除! みたいなところがすげえなと。

 で、こういう線引きをはっきりさせてくるあたりも、ああなんかやっぱりこの人たち

 ステージが変わったよなあって。わたしは勝手に、2015年Hクリエを境に変わったよな、って

 思い込んで日々萩たちを見てる系のヲタです)

 

このあと、アンコの「ガムシャララ」のとき、

スタンディング上手側から人々の頭の隙間から見えた萩安は、

日生Another(2013/9/28 千穐楽)を彷彿とさせる萩安でした。

 

自分が見えたのは、安井がガバっと萩にハグして、その首からするっと腕を離す様子。

そのあと萩が「あれ?」みたいな顔で安井さんの背中を見ながら追いかける。

アンコで振り回していた萩のタオルがなくなってて、どうやら

ハグしたときにそのまま安井さんがつれていってしまったみたいで。

それを返してもらいに追いかけていたみたい。

 

このガバっとハグする安井さんと萩を初めて見たのが日生Anotherのショータイムのときで。

曲は「BAD BOYS」だった。毎回ラストに萩安が掴み合ってにらみ合う、という締めだったのに

千穐楽のときだけ違ってたんだった。あれをがっつり思い出してなあ、、

もう!やっすー!!もう!!ってなんかまた涙腺にきて本当にもう水分でませんよ!

 

そしていま書いててまた、は!ってなったけど。

あれがざっくりもう2年前なのか。萩安美諸の交互出演の日生Anotherから。そうか。

 

   *  *  *

 

細かいあれこれを思い出すと、

チャチャチャのバルコ登場で、はしゃいでランニングマンしたり、

せーの!って声かけてめちゃくちゃパンチしてたり、

覇側のバルコ睨んでみたり。

 

対戦後のバルコ登場のときとか、者担を見下ろすはぎちゃんはあいからず

顎がめちゃくちゃきれいで、あのバルコから乗り出して煽ってる姿を見るのが

すごく好きだなあと。最後にあれが見たいなあと思ってた姿が見られて、

ほんとありがたかったなあ。

 

なんて書いてると終わりが見えない。またそのうちチマチマ書き足そうかな。

 

あとすごく好きだったのはあれ。対戦前の『スキすぎて』の曲中で

「(神宮寺)俺らが勝者!!(ALL)チーム者!!」ってラップ調にぶっこんだやつ。

かっこよかったなあ。者担のボルテージめちゃくちゃに上がって。

 

これ今日の武覇戦(8/16 VS公演)の最後に

みんな大集合してやったそうで!

 

「俺らが勝者!!チーム者!!」

「俺らが覇者!!チーム覇!!」

 

ほんとわかってらっしゃる、だから君たち大好きだよ。

 

ところで決勝は見届けにいくからよかったらまたみんなきてね。

そうでないなら、近々どこかでまたね。

夏最高だったけど、いちばん新しい季節と仕事が最高だからね。