Jr.界隈うろうろヨタヨタ

そのへんのヲタの日記帖

『オーシャンズ11』大阪 2014/11/2 「さらば愛しのベガス」大千穐楽

 

終わる公演があるから始まる公演があるのです。

 

112日、その日はキャストの皆さんが続々とブログやTwitterを更新し、

千穐楽を迎える高揚感であふれていました。

 

そしてわたしはといえば、珍しく深夜に腹痛。

滅多に腹痛など起きないのに、なかなか眠れないほどのいやな痛み。

眠れなくて辛いとか、痛くて嫌だとかではなくて、そのとき考えていたのは

 

「大千穐楽のど真ん中で腹痛に襲われて

 まさかの席をたつことになったら!

 それこそが死!!!」

 

いや脚色なしでほんとこれだけですよ、

もうそれだけはさけたくて薬飲んだり祈ったり祈ったり祈ったり。

萩ゾンビのゔあぁぁを思い出しながら。

 

結果翌朝も不調で、しかし何か食べなければ

あたたかいものを少し食べ、飲み、あとは祈ったり祈ったり祈ったり。

そして客席につくまえには、なんとか、何事もなかったかのように復活していました。

 

まあ、祈るというのは案外侮れないなと。

 

 

開演前のエバーグリーン!

 

とにかく早めに客席へ。

オーシャンズ11は開演前から開演しているんです。

ディーラーのフランク、ウッズ夫妻、カジノの客たちと

少しでも楽しい時間を過ごしたく。

 

千穐楽のこの日、なんとも特別なはからいが。

ウッズ夫妻たちが客席の通路を練り歩き!

ベガスシート以外の場所にも、それこそ1階の半ばはもちろん

後ろの通路まで歩いている。ぞろぞろワイワイと。

 

ウッズ夫妻たちが目の前にやってきて!

なんかものすごいテンションあがりました、きゃあああああって

両手をぶんぶん振っているわたし。てか周りの人たちもぶんぶん振ってる。

まさに、目の前の通路に来たお目当てのアイドルさんに全力で手を振ってる状態に。

 

しかも

 

「みなさんエバーグリーンのポーズができるようですよ!」

「おおおおほほほほほそれではみなさんご一緒にエバーグリーン」

 

ってなんですかこれ、これを目の前でそのへん一帯の客とみんなでやるわけですよ。

なんかやたら楽しかったびっくりした!

 

「おほほほほほエバーグリーンの寄付は一口百万からですからねえ

 よろしくおねがいしますねおーほほほほほ」

 

そしてウッズ夫妻&数名の男性キャストたちが嵐のように次の通路へ。

すれ違う客がびっくりしているのが見えたそりゃびっくりするよ/

 

そしてそのすぐあとに!こんどは!みりいさんたちがやってきました。

黄緑色のドレスの客や、若い頃のテス役(小テス)でおなじみの。

これまた猛烈にテンションあがりました。

そして間近で拝見するとまた一段と素晴らしいスタイル!

 

またもぶんぶん手を振る客たち。

みりいさあああああん!

そして完全にはしゃいでる私&そのへん一帯の客に気づくみりいさん。

 

「みりいちゃんだよおお♩」

 

なんて言いながらにこにこしてくれました。

なんだかもうどのキャストの方をみても好きで好きで、、末期ですね、、

 

開演前からこういうテンションなわけで、

楽しいなあ、楽しいなあ、って思うばかりの大千穐楽開演前でした。

 

 

特別なものすぎる大千穐楽

 

もう何をどこまで書いても書ききれないけれど、

開演前からもう幸せいっぱいで、このあと観たすべてのことが

楽しかったなあ、楽しかったなあ、という幸せオーラに包まれています。

 

これで最後、記録用にTwitterに書いたものに

まりまりもりもり肉付けして箇条書きメインで一通り。

 

 

●JACK POT

 

脚を振り上げて、後方からバンッと飛び出す全力萩谷くんが居ましたから。

やっぱり発光してた。

JACK POTの美しさを保管したい眼光!!!

 

 

なっしー!

 

モロイ兄弟宅。ダニーとラスティーが『~なっしー!』語尾で応えるwww

奈落にさがるときラスティーが肩においた手を払わず手をのせるダニー。

それをみてニパアアアアって笑ってビデオカメラを向けるターク萩谷くんをみました。

先輩らが『~なっしー!』祭りになっていても

吹き出すことなくきちんと芝居を続けていましたね。大事なこと。

 

慎吾ちゃんはこの日、

ダメよ~ダメダメ!妖怪のせいだ!なっしー!

まとめてベタいところぶっこんできてほんとかわゆかったよね

 

ダニー・オーシャンだなっしー!

 

 

愛しのフランク

 

酒場の打ち合わせ。フランクとわちゃわちゃ入ってくるターク。

フランクが酒のボトルをタークに渡したり、それをタークがバージルに渡したり。

仲良しか。フランクーーー!すきーーー!みんなすきー!

 

一幕のJUMP!のとき、下手辺りからフランク角川さんが

ターク萩とビデオカメラで慎&真?あたりを撮ってるシーンって

大阪からだと思ってるんだけどあれ好き。

あと、今日フランクが後ろからポンッとタークの背中?腰?あたりを叩いてて。

タークにかっと笑ってて。フランク愛しい恋しい。

 

 

お前は飛べるJUMP

 

バージル安井さんが東京公演に続いて楽のジャンプ!で!バク転

ターク、またも横目でみてニパアアアア

 

 

ベネ様!ベネ様!

 

ベネ様がもう気合入りすぎててやりすぎてて好きーーーーー!

はしもとさん好きーーー!犯罪ッ!スレスレッ!可及的速やかにな!

夢を売るおとこーーーーー!の

最後の「こーーーーーーーーーーー」を

ふううっと空気を吸い込んで、ものすごくのばして歌い上げるベネ様!!!

客席拍手喝采!!!

 

そしてベネ様といえば、秘書ベス役の横関さん、素晴らしかったのよ

もうベネ様の右腕だしジョンソン医師の右腕でもあった!

もう見られないと思うとちょっとさみしい?みたいな

アドリブもってきてたよね今日。効いた。

ベスはベネ様のバックで踊ってるときも関節効いてて素敵でしたし!

 

ベネ様の弁護士さんも好きでした。

ダンス素敵。スタイル抜群。

ほかの場面でも活躍されていましたが、もう書ききれない、、

 

 

演技指導ダニー慎吾ちゃんのハグ

 

ダニーがイレブンの仲間たちとハグしていく。

上手側からひとりずつ。安井さんいつの間にか帽子とってた気がする。

で、素早くPC置いてスタンバる。萩がまたぽやっと上手を見てて、

やっすーを見てからビデオカメラ置いて。

やっすー慎吾ちゃんにガバッといくんだけど萩ふんわりで。

 

萩、慎吾ちゃん待ってるとき口ちょいあいてて。

どきどきしてんのかな。いざ順番きたらふわっとハグるんだ。

 

萩たちはステージの一段上に居て、慎吾は地上に居るから、

萩の背丈だとちょっと身長差がありすぎてて

余計ガバッといけないかんじもあるかなあ?

 

てか、SMAPにハグされてるのか……

 

 

エメラルドさんとイェン

 

エメラルドさんがさあ!札束捧げて告り続けたイェンの手を取って

下手扉に消えたのを見たんだけど!

エメラルドさんといえばウラジミールだけに!悔しい!(嘘)

最後の最後のオケ紹介のとき、エメラルド真瀬さんが

萩とお話してるのが見えた。

(萩がかるく肩でドン!ってアタックしてたのかな)

ずっと可愛がってもらったんだろうなあ。

 

ところで真瀬さんといえば、

JACK POTが始まるときの冒頭エメラルドさんのポーズと指をならす様子が

そりゃあかっこよくて。ちょっとしたポーズがいちいちかっこいい。

これが宝塚の血なのだろうかと、公演中本当に度々思わされました。

声もすごかったなあ。(アダムかイブか)蛇か!のときとか響き渡ってたなあ。

 

 

ルビーさんとウラジミール

 

ルビーさんがウラジミール萩谷をひょっと抱き上げ、

ちょいと上手まで置きに行ってww

そのあとあわあわとみんなと一緒に下手へ向かうときのはぎちゃんが

ゾンビやっててww そうだそれだそういうの大事だ!!って思った

 

ゔあぁぁ٩(◼︎◼︎)۶グラサンで

 

 

タークとボディガード

 

ロシア富豪のくだり、ボディガード対ボディガードがエスカレートして一触即発!

やんのかコラ!状態のふたり。

 

ボディガードさんといえば。通路降り偽ダニーのとき。

萩たち、つつき合って押し合いへし合いからの、恒例の社交ダンスポーズで

静止してから動き出すとき、なんでそっと顔を寄せ合ったのYouたち??

ちゅーするの??昨日も抱き寄せてたよね??調子にのってて嗚呼かわゆい

 

最後のJUMP!では芋さんときゃっきゃして、

後ろ振り向いて2人くらいかき分けてベネ様のガードの方のところまでいって

はぎちゃんジャンプジャンプ!してましたが、あれが上條さんでしたよね。

 

そしてカテコJUMP!で芋さんのお隣の

りなちゃんと向かい合ってるときは控えめになるはぎちゃんお年頃

 

(このあと、11/7のはぎのお誕生日にブログでメッセージをくれたのが

 上條さんです。みりいさんもTwitterで。

 そして意外なところでアミューズ所属の太田さん=稽古場代役だったとのことで、

 稽古中に仲良くなったのか、この方もTwitterではぎちゃんの名前を書いてくれました。

 すごく嬉しいし、同時に、ものすごーく不思議なきもち!)

 

 

オーシャンズ11 大団円

 

本編終盤、テスの台詞『夢と欲望が抱き合って眠る街ね』のあとに

みんなが上手下手から入ってくる場面すごい好きなんだよなあ、大団円の前。

 

千秋楽で(タークとバージル2人の間に立ってビデオカメラで離婚届を撮影してるとき)

バージルがもっとちゃんと撮れよ!みたいに、タークが持ってたビデオカメラを

ぐいっと前に押し出して。そんとき会場から明るくカラッとした笑いが起こって、

うおおおおってなりましたわたしが。

 

このあと破られた離婚届をキャッチしたバージル、笑いながら去ってくターク。

 

タークは手を少し広げて、ふわりふわりと二回まわって下手側へ。

ああ終わると思ったら、泣けて泣けて。

 

最後のひとつまえのJUMP!で久々に、おれのステージへようこそ!!!

してるはぎちゃんを見ました泣けた 

 

この人は、どこに居ても主役のような顔と態度で踊って叫んで煽っているんです

泣いた、自分の手がアイシャドウできらきらしていた

 

 

千穐楽の記憶

 

この日、席はたまたま少し上手気味で。

結果、オーシャンズ10を踊る萩が正面に見えて。

あれは本当に言葉にならないね。無理やり捻り出すと、

ああいうのを挑発的な目というんじゃないかな。

あの〝気〟を意識的に出し入れできたら凄いよなあと、

この三日間ずっと思っていた。

 

カーテンコールの安井さんがさ、もう見たことない顔になってて。

そっと目の端をこすったりして。それでも絶対泣かないと決めてる

やっすーがなんとか踏ん張ってる隣で、萩は少し晴れやかな顔に見えて。

それがまた涙腺にきました。

 

千穐楽のステージでは、上から金色のキラキラが雪のようにどっさり降ってきて、

はぎちゃん、それを浴びてプルプルプルッて頭振って払ってて、

水浴びて払うワンコみたいだった。

いま髪が長めでパーマっ気があるからトイプーっぽい。

髪の毛プルプルプルッて。

 

どうやって観よう、全体を観よう、

でも観たくなったら双眼鏡で観よう、って思いながらみてた。

 

最後にキャストがだれかれともなく肩を組み合ってたときは

ほんとにステージがきらきらしてて眩しかった。

双眼鏡でみんなの顔を端から観て行ったらもうもう、、

 

慎吾ちゃん、最後に幕が閉まる前に、ジャケをばさっと脱いで、

ステージの上に広げてそっと置いて、SMAPに戻りますと。

そうなんだよね、、この人SMAPの人だった。

TVで見てる慎吾ちゃんだった。

 

その後、すぐにまたTVで慎吾ちゃんを見かけた。

ステージでこれだけの回数観てきたのに、

このTVの中の慎吾ちゃんと、目の前でみた慎吾ちゃんは

同じ人なのかどうかいまひとつよくわからない。

なんだかどこをとっても定まらない、不思議な印象の人だったなあと。

 

東京と大阪では、圧倒的に大阪のほうが演技も歌も好きだった。

でも、どこでいつみても、技術的な良し悪しはあっても、

「愛した日々に偽りはない」は響いたし、

実のところ大千穐楽ではリアルに泣けたんだよなあ。

 

そして印象深いのは、スポットライトを浴びて

下手側から通路を歩いてくる姿。彫像のようだった。

 

今年のいつだったか、深夜のCMで初めて

このミュージカルのことを知ったときのことを思い出す。

 

まさか萩が出るなんて、本当にたったの一欠片も思わなかった。思うはずがない。

そしてこんなに好きになるなんて。

 

もう二度と観られないけれど。

 

ちょうど萩が雑誌で話していたね、

ダイビングで写真をとったその瞬間の感動を

そのままとっておけたらよいのに、といったニュアンスの話。

 

そうだね、本当にそうだ。

この瞬間も、あの瞬間も、そのままとっておけたら。

どんどん薄れてどんどん忘れていくだろうけれど、

できる限り残せるといいな。

 

そしてまた次に、オーシャンズ11は最高だったけど、

この仕事こそが最高だなあと、思わせていただけたら幸せだなあと思います。

 

『オーシャンズ11』全45公演、幸せな時間と記憶をありがとうございました。