読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jr.界隈うろうろヨタヨタ

そのへんのヲタの日記帖

『オーシャンズ11』大阪 2014/10/31 「ハッピーバースディ おーれー」

 

10月31日、世間はハロウィンです。

いつの間にこんなにメジャーになったのかハロウィン。

 

この日初めて『オーシャンズ11』大阪公演を観劇。

久々の遠征、久々の大阪。そして残すところあと4公演。

自分のもっているチケットも4枚です。

 

梅田芸術劇場(梅芸)には行ったことがなく、

梅田界隈もちゃんと歩くのは初めて。

初めての場所に一人旅で予定もべったり観劇なんてのも

たまにはいいものだなと。

 

そして足を踏み入れた梅芸は、想像していたよりずっと狭く

あの突き出たステージがとても近く感じられました。

スポットライトもすこし甘く、うっすら霞んで見えたような。

 

 

FATE CITY

 

ダニーがステージ中央に登場した瞬間、

つい先々週くらいに東京公演を観たばかり、のような気分になって。

台詞やら段取りやらを急激に思い出しました。

 

ダニーの台詞はずいぶん自然で、やや軽めの言い回しになっていて

ああこっちのほうが断然かっこいいねえと思ったり。

 

そうこうしているうちに、あの大好きな曲が鳴って

ダンサーが上手下手から飛び出して、運命を変える!FATE CITY!

 

久しぶりに見たFATE CITYを踊る萩谷くんは

足が一段と細身に見えて、スタイルがまたすこし変わったみたいで。

ダンスは良い意味で周りと馴染んで見えました。

 

すこし力が抜けたというか、ギリギリと力の入ったかんじがすこし

ゆったりとして見えて、周りと馴染んで見えて。

 

そしてハットをとってステージ前方で、ぐっと上を見てポーズを決めたとき

おでこが見えて、左側の前髪がふわっと揺れていて。

それは見た目云々の話ではなくて、東京公演とは違う空気を纏っていたことが印象的でした。

 

 

◆JACK POT

 

自分がTwitterにメモした言葉を振り返ると、なんだか大変様子がおかしくて/笑

 

  すさまじい美しさで吐きそう 

  気持ち悪い

  すごい若い女ったらしみたいな顔でニヤリってしながら長い前髪ゆらして踊りまくってた

 

だそうですよ、梅芸の座席は電波が途切れなかったので

一幕終わりにあまり考えもせずに思ったことを書き込んでいて。

 

でも、いま思い出してみてもJACK POTの美しさたるや。

 

JACK POTは本当に出演者すべてが美しいわけです。

冒頭のダニーを囲むジュエルズたちはもちろん、

黒い衣装やドレスのダンサーズ、

ベネ様とテスのシーンなどを経て

ステージに合流するイレブンたち。

ストップモーション。

傾斜のあるいわゆる”八百屋舞台”の上で踊るキャストたち。

 

とあるタイミングで、萩たちが前方に踊り出る。

傾斜のある舞台の奥側から、なんとも派手に飛び出してくる。

 

萩は、あの傾斜をバネに勢いをつけて、本当に蹴り出すように前方に出てきます。

あの一瞬、血が沸き立つような気持ちになるんですよ。

 

そして踊りながら「JACK POT!JACK POT!」と歌う顔は

口を大きくあいて叫ぶように歌っていて。最高。最高です。

 

 

◆オーシャンズ10

 

FATE CITYとJACK POTに加えて、大阪公演でちょっと驚いたのが

本編が終わったあとのショータイム的な時間に踊るオーシャンズ10なんですが。

 

東京公演のとき、ここまで夢中にならなかった気がする。

いやとても好きで本当に楽しく最後のダンスに見入っていたけれど

ここまで必死で見ていた記憶があまりなくて。

FATE CITYか、JACK POTか、どっちだ、というくらい

この2曲が天秤だったはずなのだけれど、

この10/31公演のとき、オーシャンズ10を踊っている姿が

東京公演の比ではないくらい素敵だった。

 

取り憑かれたような美しさですよ。

何事かと。

 

なんだろう、これが自信なんでしょうか。

堂々たる男っぷりでしたよ。

 

FATE CITYかJACK POTかラストのオーシャンズ10か

もうだめだ、選べない。

 

ほんとに涙腺にきて

ためいき出るほど素敵だったんだよ踊る彼は。

 

 

◆ハロウィン&山本さんのお誕生日

 

世間はハロウィンでしたが、

この日の梅芸は山本さんのお誕生日公演です。

そりゃあもういろいろなことがおきる予感満載で乗り込んだわけですが

想像をこえたお祭り騒ぎデーでした。もう書ききれない。

 

「ハッピーバースディ おーれー」

 

偽ダニー増殖!の場面の最後に、ベネ様に言い残すラスティーの一言。

東京公演では「また会えたらいいよねー」などと言われていたところ。

 

お誕生日とハロウィンのお祭りのおかげで

まあなかなか見ることのできないあれやこれやを楽しむことができました。

 

萩安(安井さんと萩谷くん)は、

本当によい役をいただいたんだなあと。

あとになればなるほど、そう思える役回りでした。

 

 

◆この日の出来事諸々

 

いまは11月5日の夜、まだまだオーシャンズ11のことを考えると

あれもこれも思い出せるし、しあわせな気持ちも続いています。

 

が、どうやっても記憶は薄れるし、

忘れることを止めることはできませんね。

なのでこうしてあれこれ書いて残して、あとから思い出すための

トリガーにしよう、としているわけで。

 

(昨日はついにイラストメモを起こした。

 どうしても忘れたくない場面や表情だけざっくりと)

 

しかし全く追いつかないので

10月31日のあれこれは、記録用にTwitterに書いたものを

ちょいと整理・補足して箇条書きに。

上記とかぶるものも残しちゃえばいいよねー!

 

 

●ラスティー山本さんにお誕生日【オーシャンズ11 10/31夜】酒場の打ち合わせのとき、目の前に歩いてきたやまこーさんに萩安がパチパチ拍手

 

●もともと良い声なんすよ!ちゃんと出ればこうなるんすよ!低音ちょい二次元声

(モロイ兄弟の歌、Jump!のときの歌など)

 

●ロマンスうってたね!!!!ヲタ芸ね!!!!萩はみてたね!!wwww

(Jump! のとき水田安井らがヲタ芸やってて萩はそれを見ていて終盤ちょっとだけ合流したかしないかくらいな感じだったと記憶しています)

 

●はぎちゃんの鳥の舞w やら妖怪ウォッチダンスやら斧もって光る水中メガネみたいなのかけた姿やら(やっすーはジバニャンかぶりものw)盛りだくさん過ぎてハロウィンとやまこーさん誕生日におめでとう!!!!!

 

●やっぱり最後のダンスが取り憑かれたように美しかったし、でも挨拶のときにはぽやーんとした顔してて、もうもう…

 

●東京千穐楽以来のオーシャンズは(大阪終盤のせいもあるか?)演出がすこし変わっていて、わかりやすくテンポよく、所々で台詞も足されていたり。ダニーは少しだけ軽やかになり、ああこの方が よりモテる伊達男って感じだなと思った。大阪ダニーのほうが好き

 

●大阪イェン(平間壮一さん)は踊って跳ねてそして小柄でバージルと並んだとき エ!って思うほど。そして中国語の使い方もわりとよいかんじ。オーシャンズ11ずらりと並んだとき1人だけしゃがんでみせていたりしてキュートでもあり。そしてやっぱり逆立ちしても声はよく出ていた。

 

FATE CITYで途中から踊り出てくる萩谷。脚の細さに驚いた。もともと細いけれど。そして前より周りに馴染んで見えた。この曲は終盤の間奏部分が最高なんだけれど、東京千穐楽以来しばらくぶりに見てもやはり、間奏部分が最高に好き。ラストのジャンプも。

 

●モロイ兄弟 タークがときどき顔芸。もっとやれ!

 

●モロイ兄弟が仲間に入った後、ラスティーらが呼ばれる。やまこーラスティーがダニーに『待たせたな』と応えると周りがあからさまにザワっとして! とにかくあれもこれも誕生日スペシャルデーだったなあ。というか、オーシャンズ11ってほんとエンタメなんだよ!褒!

 

●打ち合わせのため酒場に集まるイレブンのシーン。ターク萩谷がカメラを構えながら入ってくる。レンズ側を押さえてるのはリヴィ水田。2人はきゃっきゃしながら入ってくるんだけどお前たちいつの間にそんな仲良しに!このあとのシーンでもくっついてたし!あれれ? 

 

●モロイ兄弟とリヴィングストンが三人でわちゃわちゃしてたんだけど茶髪になった黒ぶち眼鏡水田がときどきみゅーさん(Jr. 森田美勇人)に見えてさ… いや似てるってほど似てないけどね!!!

 

●JP一幕後に、すさまじい美しさで吐きそう、と書いたとおりで。萩谷慧悟17歳の最高潮。とはいえこれ17とか18ってかんじの艶じゃないんだよ。気が入って取り憑かれてるときの彼は。長い前髪で片目が隠れてもう片方で流し目とか。恐。

 

●演技指導からの『ひとりずつ舞え』的な指令の時の真田の舞w からのソールの次だっけ? 次の次? モロイ兄弟の舞。ターク萩谷さんはこういうとき怯みません。タンチョウヅルが羽ばたくような鳥っぽい舞を披露。バージル安井がそれに続いて、すぐに2人でタイミング合わせてバク転!!

 

●バシャー/ラッキィ池田の妖怪体操!みんな真似る!ヨーでる踊るはぎちゃんがそりゃあもうかわゆくてな… まさか観られるとは… もう一回やっちゃったからナイと思ってた!ジャックポットで艶だだ漏らしてたのは夢だったのかと思うほどのかわゆさよ…

 

●お誕生日とハロウィンでお祭り騒ぎのオーシャンズ。とんがり魔法使い帽子に光る水中メガネみたいなのにジバニャン被り物に悪魔フォークに斧に… やまこーさんの一言『ユニバーサルスタジオよりおもしろいでひょう?』『ハッピーバースディ おーれー』

 

●そしてオーシャンズといえば拍手!客の拍手がね!すばらしくてね!自分も全力拍手してるんだけどね!拍手って素晴らしいなあって。そりゃ拍手に誘われて出て来ちゃうよ!・*:.。. .:*・゜゚・**. .

 

●なんのシーンだっけ、萩が鼻の下びよーーんってのばして猿顔芸してたの。たぶん離婚届のくだりかなあ。なんだよーサインすんのかよー Boo! みたいなw 

 

●破った離婚届をテスが放り投げて、タークがキャッチできず。はけぎわでバージルが拾いあげる。「お前~ 拾えよ~」みたいにふたりではけてくとき、バージルに肩バンバン叩かれてたなー… で目を細めてニッパニパ笑いながら消えてくタークたち。

 

●萩と芋さんが最後に2人で並んでステップ踏んでて、じゃーんぷのときは萩は後ろのダンサーズとじゃんぷしてて、でもそのあとちゃんと安井のほうにジャンプしてニコニコしてて。ふわっふわ。

 

 

いまTwitterからコピペしてるだけで、

たのしくてたのしくて笑って笑ってしあわせ!な気持ちがごんごん蘇ります。

萩がこのミュージカルに出演できて本当に本当に嬉しい。

全部終わって数日たって、より一層そう思います。

 

はー... オーシャンズ11 あいしてる!