読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jr.界隈うろうろヨタヨタ

そのへんのヲタの日記帖

『オーシャンズ11』 2014/6/21 JACKPOT!JACKPOT!

輝いている。これはもう完全に輝いている。

ライトを浴びた顔も、浮かび上がるシルエットさえも発光している。

少し頬がこけている。けれどそれは「絞られた、引き締まった、精悍な」

顔つきであった、というのが一番正しいと思う。

 

(と、書いている自分が我ながら気持ち悪いけれど、気持ち悪いくらい何だ!)

 


◆一幕 JACKPOT/JUMP!

 

何はなくとも「FATE CITY!」なんですが
この日は一幕ラストの「JACKPOT」が鳥肌たつような精悍さで。

 

「JACKPOT!JACKPOT!」と唄いながら眼をカッと見開いて踊ってた。
萩谷くん、ほんとに美しいな。この間、といっても数日前なのだけれど
その時よりも数段美しいよ。

 

そしてたぶん次に観たときには、
今日がいちばんいいなあと思うに違いない、だいたい常にそんなかんじだ。
良いも悪いもひっくるめて、今日がいちばんだと思うんだ。

 

一方「お前は飛べる! JUMP!」の時はほんとに楽しい!
リヴィングストン水田さんが真ん中に居て、左右にモロイ兄弟(安井 萩谷)がついて
踊るところなんてすごくPOP!
水田さんが2人をぐるん、とまわすような振りだったんだよね。
例えると、、なんだろう、気功の術みたいな。
あれはアドリブなのかな、いつもあの振りだったのかな。

 


◆ベネディクトとフランク

 

それにしても「夢を売る男」ベネディクトが素晴らしくて拍手止まらない。
今日はまた一段と凄かった。これぞベガスのてっぺんとる男だよ。
大金奪われて、最後にもう一度「夢を売る男」を高らかに歌うところが最高。
のしあがった悪党だもの、してやられはしたけれど。

 

(それにしても私はほんとに悪役が好きだな、、
 でもそこまで極悪非道っぽい感じじゃないんだよねこのベネディクト)

 

そしてフランク。フランクの登場シーンはほんとにほんとにかっこいい。
ステージ奥から静かにゆっくりと男達が出てくる。
フランクをとりまくダンサーズたちがまた渋い。曲も声もいい。
あれを見て何も思わない女とかいるのか??

 

ダンサーズ。この場面に限らず、皆さん素敵です。
が、3回観てみて、やっぱりひとり特に好きな踊りの人がいる。
目立ってるのは別の人なんだけれど。
その後、パンフで確認してみたところ、やっぱり黒髪の方の加賀谷さんでした。

 


◆幕間

 

20分の幕間は短い。
今日も席でぼんやりと、一幕を思い出したり、
ちょっと気になったことや書き留めておきたいことだけ、iPhoneでメモったり。
もうあっという間ですね。

 

そして次第に席に戻ってくる人々。
ああそろそろ二幕か、みんな戻ってきたしな、と思いながらふと一番近い扉に視線を送ると、通路を歩いてくる男性の顔がぱっと眼に入った。太めの黒ぶち眼鏡にキャップ。

 

「あ、木村だ」

 

って思いました。特に驚くでもなく。TVの印象そのままなので、
顔が見えたら即、ああ木村だって思った。その直後に

 

「…は!はぎちゃん!きむらきてる!」

 

ってなった。急にドキドキしはじめた。あれ今思うとすごくおかしい。
萩谷くんが憧れている木村拓哉本人が来ている(かつてご本人に会ったとき「自分が消えてしまいそうだった」とまで言っていたその木村がきている!)と気づいたらなんだか挙動不審になりましたよ。

 

そのあと信長ヘアーの玉が見えた。あと一人居るのがわかったけど、顔は見えず。あれがニカだったんだね。

そういえば近くに居た慎吾ちゃん担の方達が「え?!玉森と藤ヶ谷?!」と騒いでいて
(なぜか木村には気づいていない様子だったのが不思議だった)
「いやいやがやさんはいまコルトで東京にいません」って言いそうになったけどさすがに言ってない。

 

自分が気づいてから少しして、場内いろんなところがザワザワしはじめて、
その様子がなんかすごかったです。席をたって振り向く人々の顔が見えた。
こんだけあからさまに芸能人にザワつく人々ってなかなか見ない風景だなーと思った。

他所ではまず見たことない。

やっぱり“SMAPのキムタク”だからなのかな。それとも客層なのかな。両方か?

 


◆二幕の演技指導と回収

 

このざわざわが静まり切らないまま、二幕が始まったけれど、
「テスの夢」のシーンでだんだんと会場がクールダウンしていく。

 

そしてオーシャンズ11そろい踏みの場面までくると、ざわざわした空気は
だいぶ落ち着いているように感じました(自分の周りはね)

 

二幕の演技指導コーナーはざっくりこんな感じ。

 

・演技指導ライナス真田!派手に崩れ落ちる真田!変装がバレたらどうするか?
 ちょっと焦った感じで、時間稼ぎでもするみたいに/笑
 みんなに何度も「どうする??」「どうする??」と問いかける。


 結局ワールドカップシーズンだから、ワールドカップがらみのモノマネをして
 やり過ごせばいいんだよ、みたいなネタだったかな??

 モロイ兄弟もかり出され、ライナス真田に「俺に誰だー?って声をかけて」と頼まれる。

 ターク萩谷とバージル安井、声を揃えてライナスに『誰だー?』と尋ねる。

 すると真田『そーーーーーなんです!』『ムムッ』って

 川平慈英のモノマネやってた/笑

 

・二幕その後、この演技指導ネタの回収役はフランクだった。
 カジノから追い出されるとき、川平慈英的な声で
 『ムムッ!』とか言いながら下手へ引っ張り出されてた!

 

この演技指導コーナーって、初日に観たときは演技指導と二幕のシーンが単にリンクしてるんだなあと思ってたけど、6/19はベネディクトが、6/21はフランクが、演技指導のネタ回収をやっていたから、つまり“誰が回収(レシーブ)するのか”もどこかの時点で決めてるんだよね? どこで? あの二幕冒頭の後で舞台袖あたりで

 

「今日誰?誰がやる?!」「フランクいけ!」「エーーー」

 

とかまさかやってるの??
仮に仮にそうだとしたらオーシャンズ・ファミリーが愛しすぎる!


(実際のところ、自分で演技指導して、自分で回収してるパターンも多かったから、ほんとどうなってんだろね/笑)

 


◆ロシア富豪とボディガード

 

ロシア富豪のボディガード、この日は派手にカジノの客を遮ってた。
ターク・ウラジミール・萩谷(仮)、両手広げてガード、ガード、ガード。
でもドレスのお客さんに話しかけられるとニヤニヤ。

 

で!びっくりしたのが、黄緑ドレスのグラマーさんではなく、

黒いドレスの方と2人できゃっきゃしていて、
その流れで(ダンスの)バンプ!をしてた!いぇーい!って!!

 

なんてかわいいんだグラサンで眼は見えないけれど。
黒いドレスの方最高、ありがとうありがとう。

 

この日はシンガーの女性(スリージュエルズのルビーかな?)が
鳥の巣みたいなタークのカツラをいじってた。

てっぺんのところをモサモサって触ってた。

 

女優さんや!シンガーさんと!わちゃわちゃしてるはぎちゃん大好き派なのです。
もうかわゆすぎて黒いドレスのカジノ客と

グラサンでバンプしていぇーい!してたの夢に出そうです。出ろ。

 


◆イリュージョンからの大団円

 

あっちにもこっちにもダニーがいる!の終盤の場面で
通路をダッシュしてくるターク、あんなに激闘してるんですねえ。


敵とガツガツやり合う姿が見えてもう楽しくて楽しくて。
マントひるがえして走る走る。
通路からステージへ戻る手前で今日はイェン?と合流して
サムズアップ!親指たてて「goodー!(こっちはやっつけたぜ風)」し合っていました。

 

(そしてこのとき丁度、木村たちが座っていた近くを走り抜けるので
 なんだかもうこっちがドキドキ)

 

この場面、本当にあっちこっち観たい!
でもあっちこっち観てたら萩が観られない!くうううう

 

そして無事に逃げ出したダニーとテス。
オーシャンズの仲間達が合流するシーン。

 

ダニーの奥さんテスが綺麗で興奮するモロイ兄弟が可愛いんだ。
バージル安井、立ちくらみで倒れそう、っていうかフラ〜っと後ろに倒れかける。
それをしっかり支えるターク萩谷。立ち直って再びはしゃぐ兄弟たち。

 

離婚届にサインを迫るテス。ペンがなければサインはできないよね。
みんなペンなんかもってないよ〜って振りするのに、ペンをあっさり渡すソール。
そして離婚届にサインすることに。
そこをカメラで狙う二人。タークは、ちょっと腰を落として低めの場所から、

ダニーとテスに「ドモドモ」ってへらへらしながら映してた。隣にはバージル

 

結局テスの手で破られた離婚届。宙を舞う離婚届けを、ターク萩谷がナイスキャッチ!


「取ったー!」って顔をしてにこにこ! このあと下手にはけるときも、
はしゃいでる様子が可愛かったなあ。

 


◆終幕/カーテンコール

 

ラストの華やかさ、ダンス、オーケストラ紹介がたまらないよね。
派手にぶちあげて、そして嘘のようにたどたどしい挨拶。

 

ところで。一幕でラスティー山本さんとダニー慎吾ちゃんが唄う『オーシャンズ10(テン)』がちょい歌謡曲みたいなメロで、そこがまたかっこいいんだ。これのインストゥルメンタルがラスティーのテーマ曲みたいに最後の挨拶でも使われてて素敵。山本さんに盛大な拍手と手拍子が送られる。

 

(拍手している手が、この曲がかかると手拍子に変わるんだよね。で、ひとしきり手拍子して、山本さんが挨拶する瞬間にまた拍手に戻る。ここ好き。全員じゃないけれど、ある程度の数の人がそうしてる気がする)

 

曲といえば。パンフレットってわりと買って満足しちゃうけど、今回はちょこちょこ読み直してる。一部の曲は歌詞が載ってるんだけど、オーシャンズ10やリヴィングストン、フランク、モロイ兄弟の曲とかはさすがにないんだよね。ドゥルルドルルドゥルディーヤ!

 

カテコ!

観ててキャア!ってなったのは、はぎちゃん、後ろにいる楢木さんと一緒に顔見合わせてにこにこし合いながらJUMP!の曲に合わせて一緒にジャーンプ!した!かーーーわゆ!!!!!

 


◆余談

 

嗚呼完全にBlu-rayがほしいサントラがほしい。
宝塚版を買う?いやそれは即決できないけどでも同じ曲が多いのならこの際、、
ってウズウズしてたら思い出しました。

スカパー!のカタログに宝塚の「オーシャンズ11」の放送告知があったことを。

 

タカラヅカ・スカイ・ステージ
http://www.skystage.net/

オーシャンズ11(’12年星組・東京・千秋楽)
放送日:7月26日 23:00
http://www.skystage.net/Prgm/Detail/6485.html

 

とりあえずこれを捕獲していく方向でがんばってみようかな!