読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jr.界隈うろうろヨタヨタ

そのへんのヲタの日記帖

『オーシャンズ11』 2014/6/19 FATE CITY SHIBUYA

ざっくりまとめると「昨日FATE CITY SHIBUYAのベガスでルーレットしたら勝ってさ!」という話です。

 

猛省の6/18を経て翌6/19の夕方近く、いろんな都合がついたから勢いで行ってきた。

ベガスごっこにいくだけさ!というテイでふらっと行ってはみたけど、
当日券を求める人の行列みたらドン引きましたよ。

ざっくりだけどこれ2桁じゃなきかないよね、何人居るんだろ。

その後。入り口から誘導され階段に2列で並ぶ。
箱に入ったくじを引くらしいよ。ロゴが入ってたら当たり。
席はわからないけど、とりあえず買う権利はもらえる、と。

久しぶりに心臓がリアルにバクバクしました。
オーブのスタッフさんがくじ引き箱をもって、行列の間を歩いてくるんだよ。
外れたら列から離れて、当たりだったら階段上の購入列に加わる、と。

ってもうあっという間にくじ引きの順番来た!

心臓バクバクさせながら箱に手を入れたら、ガサガサと紙の音。
けっこう小さく折り畳まれたクジが指先に触れて。バクバクどきどき。

取り出した一枚をひらいたら「オーシャンズ11」のロゴが!

うわーニヤニヤしたわリアルにニヤニヤした!
ニヤニヤしながら階段登って売場の列に加わった。
そして引き換える前に自分が引いたくじ、写真撮りました。記念撮影。

 

当たったから言えるけど、どうしても今日観たかったんだ。

突発的にこういうことってあまり思わないし、

なんせガチの当日券に並ぶのすごく久しぶりだったけど、、

 

今日というより、今だよね。今、観たかったからすごく嬉しかった。


◆開演

初日6/9に観て以来、2回目のオーシャンズ11(当初予定外の当日券)は、
とにかくテンポがよくなっていて、ちょっとびっくりするくらいあっという間の3時間でした。

もうひとつ、音周り。なんでこんなに違うかね、ってくらい違った。
初日と同じ会場とは思えないくらい違うんだけどこれは??
理由はいろいろあるよねきっと。

初日から10日もたてば出演者の声は相当出るようになっているんだろうし(初日は人によりバラバラだったけど)、初日から10日もたてば音響調整が相当こなれて整っているんだろうし、でも何より自分が観ている場所が違うからかもなあ(えーでもこんな違うかね??)


FATE CITY

何を観にきてるってこれを観にきてるんだFATE CITY!
ハットにスーツの萩谷。今日は一段と細身に見える。


(これこそ観ている場所のせいだなー、、
 全ての出演者が1.2倍くらいはスタイルが良く見える)

一心不乱で踊ってるうちに恒例!シャツのスソが出てしまう。右スソ。
見慣れた風景だしシャツでちゃうくらい踊りながら上下してるの好きなんだけど
やっぱりこういう色味形の衣装だと目立つなあ、、
これはちょっと惜しいと思ってみていたら、
ささっとうまいタイミングでシャツのスソを直していた。
案外冷静じゃないか。


◆モロイ兄弟関連

ざっくり箇条書き、Twitterにあれこれ加筆の修正版。

・モロイ兄弟登場。萩谷、歌えてる、大丈夫。
 台詞も無理に声を張ろうとせずに、ちょっと控えめに話すようにしたかんじ?かな?
 このほうがいいな。聞き取りやすいし何より場面にあっているからそれでいいと思います。

・酒場でオーシャンズの打ち合わせ。
 この場面、やっぱり楽しいよね。
 フランク角川さんがビール瓶を片手にモロイ兄弟に近づいたり。
 ターク萩谷に「ほれ」と押し付けるみたいに差し出したけど、
 タークはちょっと嫌がるみたいに“いらない いらない”してた。
 やっぱりフランクとモロイ兄弟大好き!

・やっぱり「♪お前は飛べる!JUMP!」の笑顔がすごいなあ。 
 ターク萩谷、「JUMP!」のときソール斉藤さんとニコニコしたあと
 下手のベガスシートに降りていく。(ダニーに見とれているお客さんの側を通って)
 ベガスシートをすり抜け、下手の実質最前に座るお客さんたちの前でニパニパと
 笑顔を振りまいて踊ってた。そう、振りまいてた。出し惜しむ事などないよ。

 

 そういえば、萩は下手に居る事がわりと多いけど、

 ステージセットの段差の端のところギリギリに居ることがあんなに多いのね。

 あのカジノセット、けっこう微妙な段差が多い。

 けっこう際どい、踏み外しそうなところに立ってるんだなあと。

 って書くと急に意味深だけど特に他意はない。

(余談。6/19に観たベガスシートのダニー慎吾と、ダニーに見とれるお客さん、よかったなー
 ダニー慎吾が下手のべガスシートに近づいて視線を送ったときに、
 ばっと両手で口をおさえてあわあわしている女性がいてね、
 あーよかったねえ慎吾ちゃんすごく近くにきてよかったねえ、って思いながら
 じーっと見てたら、そのまま慎吾ちゃんそのお客さんの前に寄っていって、
 がっつり正面から顔を見て、そのあとスっときびすを返してステージへ戻ったんだよねえ。
 いやーあれはカッコいいねえ。あんなにあからさまに狙い撃ちするんだなあ)


◆ロシアの富豪とボディガード

・萩安ボディガードに変装の場面は今日こそ全部観ました!
 カジノにいるドレスのお客さん(かなりグラマーさん)に最初は
「ボスに近寄るな」風に威嚇してたのに途中から何やらお話してる風になって

 デレッデレしてたよかわいいねえ、、
 グラサンちょっとはずしてみせたりしてたよかわいいねえ、、

(ドラマなんかでも女優さんと一緒にいるところ好きなんだよなー

 演技中じゃなくて、メイキングとかで気軽に話してる姿なんかも好きなんだよなー)

・ボディガードの二人は「ミハイル」と「ウラジミール」なんですねえ。
 兄バージルがミハイルで、ターク萩谷がウラジミールかなあ?
 
・モロイ兄弟が救急隊員に変装したシーン、
 あそこで出てくるラスティー山本さんのヤブっぽい医者って
 あんなに飛ばしてたっけ???(劇場どっかんどっかんだった!)

 
◆カジノ・イリュージョン 

・終盤のマントと仮面をつけてる場面の全貌がわかってすっきり!
 特に最初にダイアナきりや様の振り付け師(千田さんかな?)を

 ラチるのって萩安だったんだね

・マントと仮面をつけてる萩谷くん、ターンきれいに決まってた。
 マントをひらりっと大きくひるがえしてた。
 手をすっと上にのばした、恒例くるりんターンはいつどこで見てもいいですねえ。

・終盤マントと仮面の場面/バージル安井がベネディクトに飛びついて
 おぶさる?頭にがばっと抱きついて邪魔する?ところもやっと見れたよー!これかー!
 あとあとステージ上でターク萩谷と「やったな!」ってしたりして、もう兄弟!兄弟!

・萩が下手通路をダッシュして、その後ステージに戻ってくるとき
 ステージ手前あたりでリヴィ水田さんに合流してたんだけど、水田さんに向かって
 高速ワクワクポーズ(※初日にやってたやつ)かましてて!
 すごく楽しそうだったなあ、、

 水田さんとはかなり距離が近くなったように見えるなあ、、
 4人で踊る場面もわりとあるし、若者チームだし、仲良くしてもらってるのかなあ
(主に安井が。こういうときはきっと安井先生がグイグイと...)


 ところで水田さんって幾つ?1990年生まれ?
 水田>安井>真田>萩谷
 年齢でいうとこういう順番なのか。今更だけど。
 
 水田さんといえば。リヴィングストン登場シーンで
 ハイパー サイバー 云々歌って踊って演技に戻るタイミングで、
 ステージ上に「ぱたりっ」ってうつぶせに平たく倒れたの
 激烈かわゆかったね。てか、あれ倒れ方もうまかったなあ。


◆ダニーとテスの大団円

書いていると、あれこれ記憶が連動して

漏れていたあれこれが思い出されるので書くのが好きなんですが。

ダニーとテスの終盤。オーシャンズの仲間たちがテス(観月ありさ)を見て、
モロイ兄弟とあれはリヴィングストンかな?? 数人がきゃっきゃきゃっきゃと
はしゃぐ場面があるんだけれど。

あの場面でタークの唇の動きが「びじん!びじん!」って言ってるように見えたのは
私の気のせいでしょうか気のせいですね。


(「うおー ダニーの奥さんめっちゃ美人じゃね??」「美人!美人!」ってノリに見えた/笑)

そしてこのあと、テスとダニーが離婚届にサインするしないの場面になり、
ターク萩谷"え!離婚しちゃうの?まじで?"って感じに半分白目をむいて
"あーサインしちゃうの?フラ~"って後ろに倒れそうになる。フラ〜って。

しかしいざサインする、となったらビデオカメラを取り出して
ダニーとテスの間に立って、たかーいところからビデオカメラで離婚届を
映そうとしてた。サインするなら撮るよ!って手のひら返し/笑

(そして破られた離婚届を拾っていたので主にあれは萩のお仕事なんだね。
 初日に見たときは水田さんと一緒に拾ってた)


◆終幕、カーテンコール

あれだね、あのダニー慎吾の
「べガスから渋谷へ」気をつけてお帰りくださいね、という挨拶が
とても好きになってきたなあ。

ベガスを出たらそこは渋谷

本当にそういう気分になる。そもそも萩が居るから観に行くわけだけど、
あのミュージカル自体すごく楽しめているので有り難いことだなあと思います。

ところで、初日も今日もベネディクトの「夢を売る男」のシーンはすごく好きで。
ああいうのを巧い人ががっつり歌い上げるってほんといいねえ。
「夢を売る男」は、終盤にもう一度ワンフレーズ繰り返す場面が出てくるんだけど
あそこがまた素敵。大金を奪われたあとの雄叫び。

ほんと橋本さんが歌う場面は全力で拍手してる。

(そしてこの橋本さんに対して安井萩谷がめちゃくちゃニコニコきゃっきゃと
 近づいて行くのでカテコもうなんかどきどきしますわ、、

 カテコといえば、楢木さんとぶつかりそうになって、

 ニコニコおっとっと ってしてたのもツボでしたよはぎちゃんはぎちゃん)

そして主役ですが。
初日観たときはね、主役のこの人の力はこんなもんじゃないだろーって思って見てた。
技術どうこうの話じゃなくて、もっともっとやるでしょこの人?って。
それでも初日時点でも、あー これはいいなあ、と思って聞いたのは
「愛した日々に偽りは無い」を歌うところで。細かいことはさておき、
伝わるものがあるなあと。そしてそれから10日。
今日はほんとに良かったなー、、

(だがしかし、絶対に噛んではいけない場面で噛んだので残念。
 それは本当に残念でした。かーーーー かっこいいな、いいじゃんいいじゃん
 って思ってみていたので惜しかった、、)

とにもかくにも、ほんとに華やかでショーだよね。スター揃いで。
そしてやっぱり山本さんだよねえ。要の山本さん。今日も素晴らしかったです。
小道具のサングラス壊してたけど/笑 でもああいうシーンが観られるのも楽しいね。

そして萩谷くん、なんだかんだいっても
結局この人が出てなかったら渋谷のベガスに行くこともなかったわけで。


やー それにしてもよく当たった!
萩が絡むことに関してだけはそれなりに運がいい。
細く長く、まだまだ続きますように。